" リサイクル券

リサイクル券が見つからないが大丈夫か?

自動車リサイクル法によって、新車購入時には「リサイクル料金」を支払います。

このリサイクル料金は廃車時の最終所有者まで引き継がれ、解体時の
・シュレッダーダスト料金(使用済自動車の破砕くずのリサイクルに必要な料金)
・フロン類料金(カーエアコンの冷媒に含まれるフロン類の破壊に必要な料金)
・エアバッグ類料金(エアバッグ類のリサイクルに必要な料金)
等の費用に充てられます。

リサイクル料金が支払われていることを証明する書面が「リサイクル券」です。


■リサイクル券がないとリサイクル料金を受け取れないのか

リサイクル料金を支払った(預託済み)の車を売る場合は、リサイクル券を車と一緒に引渡し、立て替えの形になっていたリサイクル料金を新オーナーから受け取るいうのが基本的な形です。

しかし、実際に車を売り買いする場合はリサイクル料金を含めて車の引渡しの総額値段が決められ取引されますので,リサイクル券分がどうなっていても関係ないようになっているというのが現実です。

車一式で50万円の値段を決めれば、リサイクル料金など諸々の費用を含んだ値段ということになるので、実際にリサイクル券があろうがなかろうが同じ値段になるわけです。

リサイクル券があってもなくても50万円にはリサイクル料金が含まれており、車の売却代金の一部としてリサイクル料金を受け取ることになるのです。

リサイクル券、つまりリサイクル料金は、券の実物があろうがなかろうが、車と不可分なものとして付随していきます。

そして、最終所有者が廃車にする時、最終所有者まで車の代金の一部として受け継がれたリサイクル料金によって、解体時のリサイクルが行われます。


■『自動車リサイクル料金の預託状況』がリサイクル券代わりになる

リサイクル券がなくてもリサイクル料金が支払われた事実があれば、最後に廃車するときまで特に売買などで問題になることはないようです。

新車購入時や車検時にリサイクル料金が支払われていさえすれば、廃車の時点の解体業者等のチェックでリサイクル料金納入済みが確認できるということです。

もしリサイクル料金の支払われていない車であれば、廃車の段階でそれが判明し、最終所有者がリサイクル料金を改めて負担するということになります。

仮に車の売買等でリサイクル券がどうしても必要になった場合でも、再発行の取扱はありませんが、『自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)』から印刷した『自動車リサイクル料金の預託状況』がリサイクル券代わりになりますので、心配はありません。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


◆車の査定売却のコツ
多走行車の買取りは一括見積りを活用しないとむずかしいかもしれません。
ネットで古い車、過走行の車の専門店を探すのも有効でしょう。


このページの先頭へ