" 必要な書類が見つからない

必要な書類を紛失した場合は速やかに再発行を

査定や売却手続きに必要な書類を紛失した場合は、できるだけ速やかに再発行を受ける必要があります。

中でも車検証の不携帯は、道路運送車両法により50万円以下の罰金が課されることになりますので十分注意しなければなりません。

各書類の再発行のやり方について整理してみましょう。


■車検証の再発行

車検証が見つからない場合は、管轄の運輸支局(あなたの車のナンバーを交付した運輸支局)に出向いて再交付の手続きを行うことになります。

出向く前に準備する必要書類は次のとおりです。

・使用者の委任状 … 使用者の押印があるもの。使用者本人が申請する時は不要。
・車検証 … 汚損したものが残っている場合に持参する。
・理由書 … 使用者の認印の押印があるもの。
・申請者の身分証明書 … 免許証、保険証等
・認印

運輸支局で「手数料納付書」、「申請書」の用紙を購入などしてそろえ、必要事項を記入、窓口へ申請します。

費用は、手数料、用紙代で合わせて400~500円程度です。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で、再発行してもらうことになります。


■自動車税納税証明書の再発行

自動車税納税証明書は査定の時には無くても大丈夫ですが、売却時には必要になります。

またこれがなければ所有権解除や車検も受けることができなくなります。

自動車税は都道府県に納入する税金ですので、納税証明書の再発行は都道府県の税事務所(○○県税事務所など)へ申請することになります。

車検証と印鑑を準備し、都道府県の税事務所に出向いて再発行を申請します。

所管する税事務所の場所がわからないときは、都道府県庁に問い合わせると教えてもらえます。


■自賠責保険証書の再発行

自賠責保険証書を紛失した場合は、自賠責保険加入の保険会社を確認してその保険会社に再発行をしてもらうことになります。

自賠責保険は車検の時に加入することが多いので、前回の車検を受けた工場で調べてもらえば、保険会社と証明書の番号は分かるはずです。

保険会社が確認できたら、その保険会社のどこの支店でもいいですから窓口に出かけて再発行の手続きを行います。

再発行の手続きに必要なものは、身分証明と印鑑です。

費用は無料です。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


=車についてのお得な話=
過走行車を売るのは簡単ではないですが、参加業者の多い一括見積りなら売却先の手がかりが見つかるでしょう。


このページの先頭へ