必要な書類などは事前に確かめておこう

車 高価買取

■車の査定を受けるときの必要書類

査定を受けるときに用意しておかなければならない書類は次の二つです。

訪問査定を受ける場合は事前に所在を確認しておきましょう。

・自動車検査証(車検証)

車検に通った際に交付される証書であり、公道を走る際に必ず携帯していなければならない書類です。

ほとんどの方は常にダッシュボード内に保管されていることと思います。

・自賠責保険証書

車検時に加入する自賠責保険の加入証明書であり、車検が残っている車を売る時の名義変更手続きには必ず必要となる書類です。

法律で車に常備しておくことになっていますので、通常、車検証と一緒にダッシュボードの保管されていることと思います。

紛失の場合は保険会社で再発行してもらう必要があります。


■車を売却するときの必要書類

実際に自動車を売却する時は次のものが必要となります。

①車検証 … 正式には「自動車検査証」。ナンバー、用途、所有者、使用者、車検日などが記載されてる。

②自賠責保険証書 … 車検時に加入する自賠責保険の保険証書

③自動車税納税証明書 … 自動車税を納付したことを証明する書類。納付後に納税証明書を保管しておきましょう。紛失の場合は、都道府県の税事務所で再発行してもらう必要があります。

④実印 … 市町村役場に印鑑登録した印鑑。「譲渡証明書」への捺印に必要となります。

⑤印鑑証明 … 印鑑が実印であることを証明するための書類。市町村役場で発行してもらいます。

このほかに買取店が次の書類を用意します。

⑤譲渡証明書 … 車を譲渡・名義変更する時に必要となる書類。個人間で車を売買する場合は運輸支局で手に入ります。

⑥委任状 … 買取店に名義変更の代行を委任したことを証明するための書類。


このほか、車検証に記載されている所有者の住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所が異なる場合は、本人確認のために車検証の住所と現住所への繋がりが分かる「住民票」が必要となります。


査定のときと異なり、自動車の売却は「名義変更手続き」になることから必要書類が多くなります。

当日に必要書類が足りなかったり不備があったりすると、売却手続きがストップしてしまいますので、買取店の担当者と連絡を取り、事前に落ち度の無いよう取り揃えておきましょう。


また、これは書類ではないですが、車の売却代金を振り込んでもらう口座番号も事前に確認しておく方がよいでしょう。

リサイクル料金を支払済みの車の場合は「リサイクル券」も用意しておきましょう。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


<参考>
軽自動車の任意保険を各社比較で選ぶ・・・保険料節約の参考になります。


過走行車を査定売却

このページの先頭へ